FPの家とは? - 四季を通して快適に過ごせる。この先何十年も変わらない、安心の住み心地。

3. 結露ができない窓

Q.湿気は私たちの生活にどんな影響があるの?

A.湿気は家にとっては大敵です。
カビ・ダニ・シロアリなどの原因になりますし、断熱材に湿気が侵入すると断熱性能が低下し、柱や土台の腐朽にもつながります。アトピーの原因にもなるカビやダニは湿度が高いほど繁殖します。また、みなさんの大嫌いなゴキブリも湿度の高い場所を好むんです。
しかしその一方で、バクテリアは湿度が低いほど繁殖します。
住宅の湿度の最適な基準は40%~60%前後と言われています。湿度を最適な基準に保っていれば菌類や虫類の発生を防ぐことができます。

Q.じゃあ、最適湿度に保つためにはどうすればいいの?

A.その秘密はFPの家で使用している『硬質ウレタン』と、『24時間換気システム』にあります。硬質ウレタンは水を吸いにくい性質があります。

  図を見てください。硬質ウレタンは水に浸しても浮いたままですが、グラスウールは水の中に沈んでしまっていますね。水や湿気に強い硬質ウレタンなら断熱材に水蒸気が侵入したとしても断熱性能が低下する心配がございません。
また、24時間換気システムで空調を一定にしているため、室内の水蒸気の量を、最適といわれている40%~60%前後に保つことができます。

  それらにともなってFP工法では、『ウレタン素材内部 無結露50年保証』という保証制度を実施しています。
計画換気とウレタン断熱材のFPの家なら、壁内だけではなく窓等にも結露しないため、『冬場結露して窓が開かない』なんてことや『押入れの布団が湿っぽい』なんてことがなくなりますよ。

4. 災害に強い安心の家