スタッフダイアリー

2013.06.03

岩崎のリフォームのページを更新しました!
昨年末、耐震補強・大型リフォームを行ったY様邸です。
3年ほど前に耐震診断・補強プランを行ったのですが、
耐震診断結果があまり良くなかったため、
補強ではなく1階部分の間取りを変更した全面改修を行いました。

奥様が白が好きな方で、和室も玄関ももちろんリビングも真っ白なクロスを使用(^^)
とても明るい印象の住まいに生まれ変わりました。
外観は和風モダンをイメージした建具に、石を貼り重厚な雰囲気にしました。
是非、ページをご覧ください(*^^*)


Y様邸裏話。
Y様のお宅に居た飼い犬のイチロウ君。

現場の途中経過を撮影中、
こうやって邪魔するんです( ̄▽ ̄;)笑
カメラを構えるとやって来て
いい場所に座って離れません。
ちなみに大工さんの休憩中もお菓子を
ねだりに来ていたみたいです(^^;)


お利口犬だけど、ちょっぴりオチャメなイチロウ君でした(^^)



2013.05.30

昨日、YKKAP主催のプレゼンテーションに行ってきました!
新商品の紹介をたくさん聞いてきましたよ~(^^)

まず初めは、新しいアルミ樹脂複合窓『APW310』の紹介でした。
樹脂サッシといえば断熱性が高く、結露が生じないのが利点ですがお値段は割高。
アルミサッシは比較的安価ですが断熱性は低く、
せっかく複層窓にしてもサッシが結露でベタベタになりがちです。
そこでいいとこどりをしたアルミ樹脂複合窓『APW310』!
商品について詳しくはコチラ!!

長期優良住宅においても、低炭素住宅においても、重要視されるのは住宅の断熱性!
外気の影響を受けやすい窓の断熱性もかなり重視されております。

エコだ、省エネだ、スマハだ!…というのが最近の住宅事情でありますが、
太陽光発電をあげて電気代を浮かせるだけがエコではありません。
壁や窓の断熱性が高ければ、冷暖房で快適にした家の中の空気が外に逃げず、
外気からの影響も受けないため効率的に冷暖房設備を使用できます。
コレも立派な省エネ住宅(^^)!!
例えばリフォームの場合は、壁を全部断熱するのは大変ですが
窓を変えるだけならできそうですよね?
住宅の省エネ化って、いろんな方法がありますね♪


もうひとつの新商品が木質建材
室内ドア『NEW ラフォレスタ』。
これはサンプルを見せていただきました。
ちょっとわかりにくいですが、
向かって左が、ラフォレスタです!
実物を見てビックリ。
本物の無垢材みたい!!!
写真ではあまりわからないのですが、
思わず触りたくなるリアルな木目柄でした。
また縦木目柄、横木目柄が選べるらしく、
カラーバリエーションも豊富!
インテリアの幅が広がりますね(*^^*)♪


カタログと色見本もいただいたのですが
ドアのカラーに合わせたインテリア写真が
並んで載っているんです(^^)
どの写真もドアに調和された
ステキなコーディネートになっています!

見ていて飽きないので私もひまがあったら
この色見本、眺めています(^^;)笑



2013.05.27

先日、武生のアートウッドさんで
福井県インテリアコーディネーター協会の
今年度初の企画委員会が行われました(^^)
第一回委員会では、昨年のイベントに使った
資料の整頓をみんなで行いました。
ちなみに写真は、アートウッドの松村さんの
facebookからお借りしました。


女性ばかりのインテリアコーディネーター協会はきさくな方ばかりで
委員会も毎度女子会のような雰囲気!いつも楽しく委員会活動しています(*^^*)

7月13日(土)に、こども向け工作教室『インテリアコーディネーターとつくるぼく・わたしのへや』
今年は家の森のイベントとして開催されることになりました。
昨年はインテリアコーディネーターとして
お手伝いさせていただいたのですが、今年は残念ながら都合が合わず
当日は参加することができません。
今年こそ子供達に「先生!」と呼んでもらおうと思っていたのに非常に残念です(´・д・`)笑
当日参加できない分、準備のほうで協力していこうと思っています!



2013.05.17

先日、名古屋に遊びに行った際
アフタヌーンティーというお店で
ケトル、シュガーポット、コーヒーポットの形の
マグネットを買いました(*^^*)
それぞれモチーフがキッチンにぴったりなので
冷蔵庫に付けました。
とっても可愛くて気に入っています♪
私もそうですが、女性はこういった
可愛いミニチュア物に弱い!という方
多いのではないでしょうか?

最近、インテリア的には冷蔵庫を見えない場所に隠す傾向にあるようで、
ダイニングからは見えない場所に冷蔵庫を置いたり、
目隠しを設けて、普段は冷蔵庫を見えないようにするプランをテレビや雑誌で見かけます!

電化製品系が見えるとどうしても生活感がでてしまうため、
確かに隠した方がモデルハウスのようなスッキリした印象になります(^^)b!

でも・・・冷蔵庫って、こうやって可愛いマグネットで
遊べる醍醐味もあるんですよね~(*^▽^*)♪
どちらが好きかは住む人次第♪



2013.05.10

先日から住宅支援制度関連のブログが続いておりますので
今日はリフォームをお考えの皆様に
今年度注目の住宅支援制度を2つ紹介いたします(^o^)v

1つ目は、木造住宅耐震化促進事業
2つ目は、敦賀市住宅リフォーム支援事業 です。

***********************************

まず、年々岩崎工務店も力をいれている木造耐震補強について。
木造住宅耐震化促進事業は、昭和56年5月31日以前に建築された住宅が対象です。
この木造住宅耐震化を行うためには初めに
耐震診断・補強プランを作成してもらわなければなりません。

診断書作成を市役所へ申込をすると、木造住宅耐震診断士がお住まいの住宅の状態を元に
どのくらい地震に耐えられるかの計算をし、耐震診断を行います。
その後、耐震診断を元に建物のバランスや劣化度等を考慮しながら
どこをどうすれば大地震に耐えられるようになるかを計算し、補強プランというものを作ります。

ちなみに岩崎社長が診断士登録をしておりますので
診断士として、社長と私が皆様のところにおじゃまするかもしれません(^o^)v笑

出来上がった耐震診断・補強プランを見て、
『プランどおり補強をしてほしい!!』となれば、耐震補強工事がはじまります。
この耐震補強工事について、補助金がもらえます。
家全体の補強工事を行った場合、今年度は最大110万円の補助がでます。
しかし、大きな家で決まった部屋だけ使用して住んでいるケースも少なくないため、
このような方のために、今年から部分補強制度がはじまりました。
1階居室部分の補強を行う場合は、最大30万円の補助がでます。

まずは何より耐震診断・補強プランを!
ということで詳しくはホームページをご覧くださいませ(^^)/
耐震工事補助金についての詳細はコチラ


ちなみに耐震補強とは、こんな感じ。
柱と柱の間を、筋交いというナナメの部材で固定。
これを建物の弱い部分の壁に施します。
建物の壁のバランスにもよりますが、
できるだけ生活に影響のない部分の壁を
選んで補強プランを作りますので、
生活しながらの工事が可能です(^^)

あまりに診断結果が悪い場合、
1階の間取りを変え全面改装する事もあります。
古い壁を取払い、新しく補強した壁をいれるので
住宅の強度はかなり上がりますし、
内装も新築みたいにキレイになります!

岩崎工務店では、昭和56年5月以前の住宅でリフォームをお考えの方には
この耐震補強と一緒に行うことをオススメしております。

***********************************


次に、敦賀市住宅リフォーム支援事業について。
これは敦賀市内に住所があり住宅を有していれば
大半のかたが利用することができます(^^)
1件当たり10万円以上の住宅の改修工事を行う場合、
工事費の1/5(上限10万円)の補助がもらえます。

リフォームなら内装でも外装でも屋根でもOK!なのですが
住宅と別になっている倉庫や物置の改装、
家電・家具・照明等の設置や
給湯機器の取替などは対象外ですのでご注意を。
皆さん気になる白アリも残念ながら対象外です(^o^;)

また、木造住宅耐震化促進事業等の
住宅補助を併用しての利用はできないようです。
募集期限がありまして、第1回目は5月24日が締め切りです。
こちらも更に詳しくはホームページをご覧くださいませ(^^)/

************************************

たくさん書きましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました♪
少しでも役に立てれば幸いです。



87 件中 7175 件目を表示 12 13 14 15 16 17 18